坂本九と家族の声が重なる「心の瞳」コンサートで披露

坂本九と家族の声が重なる「心の瞳」コンサートで披露

坂本九ファミリーが送る、毎年恒例の<坂本九ファミリー ママ・エ・セフィーユ クリスマスコンサート2017 ~人生の扉~>が12月7日、東京・ヤマハホールにて開催され、開演前にメディア向け公開リハーサルが行われた。

このコンサートは2006年に始まり、坂本九の妻である柏木由紀子、長女で歌手の大島花子、次女で元宝塚女優の舞坂ゆき子によるクリスマスコンサートで、今回が12回目。2017年は坂本の三十三回忌にあたり、コンサート前日には坂本の遺作となった「心の瞳」のシングルも発売となった記念すべきコンサートだ。また、12月は8日が坂本と由紀子の結婚記念日、10日が坂本の誕生日、そして24日は由紀子の誕生日というメモリアルな月ということから、毎年12月にコンサートを行なっている。

坂本九と家族の声が重なる「心の瞳」コンサートで披露

ステージに並ぶ3人は、坂本が好きだったという「青色」のドレスに身を包み、バックには楽しそうに歌う坂本の写真が映し出されている。時折、後ろを振り返り、愛おしそうに写真を見つめる彼女たちの姿が印象的だった。

「心の瞳」の前奏が始まり、会場全体を包み込むような坂本の歌声に合わせ歌う3人のコーラスが、優しく響く。この楽曲は、坂本が事故で亡くなった3ヶ月前の1985年5月22日に発売された最後のシングル、『懐かしきlove-song』のB面に収録されている。当時、坂本は妻の由紀子に「この曲は僕たちのことを歌ったような曲だよ!ユッコが聴いたら泣いちゃうよ!」と興奮気味に伝えたそうだ。いつかパパの伴奏をしたいと「心の瞳」を練習していた長女・花子が、坂本の葬儀の際ピアノを弾き、歌声を重ねた映像が記憶に残っているかもしれない。

坂本九と家族の声が重なる「心の瞳」コンサートで披露

テレビでは一度も歌われることのなかったこの曲を家族3人はなにより大切に思っており、毎年クリスマスコンサートで坂本の歌声と家族3人のコーラスを重ねて披露される「心の瞳」が評判を呼び、今回のCD発売へと至った。また、合唱曲として知名度の高い楽曲ということもあり、由紀子の元に学生からの手紙が多数届いたことに感銘を受け、新たに「合唱バージョン」も収録されている。

坂本九と家族の声が重なる「心の瞳」コンサートで披露

撮影◎藤尾茉莉安

坂本九 シングル『心の瞳』


2017年12月6日発売
UPCY-5055 / 1,200円(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. 心の瞳(コーラス入り)
2. 心の瞳(合唱ヴァージョン)
3. 心の瞳(カラオケ)

ベストアルバム『坂本 九 ベスト~心の瞳』


2017年12月6日発売
UPCY-7456 / 2,160円(税込)
1. 上を向いて歩こう(STEREO VERSION)
2. 見上げてごらん夜の星を(MONO)
3. 九ちゃんのズンタタッタ(MONO)
4. ステキなタイミング(MONO)
5. カレンダーガール(MONO)
6. 一人ぼっちの二人(MONO)
7. 明日があるさ(MONO)
8. 東京五輪音頭(MONO)
9. 幸せなら手をたたこう(MONO)
10. ともだち
11. 涙くんさよなら
12. レットキス(ジェンカ)
13. エンピツが一本
14. そして想い出
15. マイ・マイ・マイ
16. 親父
17. 君が好き(MONO)
18. ヨイトマケの唄(MONO)
19. 太陽と土と水を
20. さよなら さよなら
21. 心の瞳(コーラス入り)

◆坂本九 オフィシャルサイト
◆柏木由紀子 オフィシャルサイト
◆大島花子 オフィシャルサイト
◆舞坂ゆき子 オフィシャルブログ

関連記事
該当無し