伊藤美裕、2017年を締めくくる冬のワンマンライブ開催

伊藤美裕

歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が、12月9日に東京・恵比寿天窓.switchにて冬のワンマンライブを開催した。

◆伊藤美裕 写真をもっと見る

伊藤美裕は、コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビュー。7年目を迎える今年は、2月にエジプト・カイロにて初の海外ワンマンライブ、10月からスタートしたMusic Birdの新番組『Premium G~MUSIC GIFT~』では大石吾朗と一緒にレギュラー出演、また米・カリフォルニア旅など充実した1年を過ごし、この日は東京では2017年を締めくくるワンマンライブを開催した。

伊藤美裕

若い人から中高年まで幅広いファンで満員の中、「このお忙しい12月に私のワンマンライブにようこそいらっしゃいました。今日は東京では今年最後のワンマンライブになります。気持ちもせわしない時期なので、ゆっくりとお過ごしください。今日は私のオリジナル曲を中心に、カバー曲も歌い、いまの私を届けられたらいいなと思っていますので、最後まで楽しんでいってください」と笑顔であいさつ。

伊藤美裕

ママレイド ラグ・田中拡邦(Gt&Ba)、清野雄翔(Key&Pf)、伊吹文裕(Dr)のスリーピースの演奏をバックに、デビューシングル「六本木星屑」をはじめ、「Why?~真夜中の予感~」「北国行き11:50」「あなたの花になりたい」、カバー曲から薬師丸ひろ子の「WOMAN~Wの悲劇より~」、李香蘭の「蘇州夜曲」、マイケル・フランクスの「アントニオの歌」、いしだあゆみの「さすらいの天使」、それに最新シングル「COME ON! COME ON!」など、アンコールを含めて全19曲を熱唱した。

伊藤美裕

その中で、今年1年について「今年は、いろんなことにチャレンジしました。2月にエジプト、6月に台湾、9月にカリフォルニア、アメリカの西部に行き、いろんな人に出会い、日本では見られないような景色を見てきました。アメリカでは、国立公園の中で一泊しました。そこにテントを立てて、星を見ながら眠るという初めての体験をしました」と振り返った。

伊藤美裕

伊藤美裕

伊藤は、今月16日に大阪・Soap Opera Classicsでワンマンライブを開く。

<伊藤美裕ワンマンライブ>

2017年12月9日(土) 東京・恵比寿天窓.switch
[ セットリスト ]
01. 私自身
02. うたうだけ
03. 六本木星屑
04. ひとり十六夜
05. why?〜真夜中の予感〜
06. COME ON! COME ON!
07. 恋の裏わざ
08. 祈りの言葉を知らなければ
09. マリエの話
10. Woman ”Wの悲劇”より
11. 蘇州夜曲
12. 月の鍵
13. アントニオの唄
14. 北国行き11:50
15. ちょっとヨコハマ
16. さすらいの天使
17. それはスポットライトではない
EC1. あなたの花になりたい
EC2. オー・シャンゼリゼ

伊藤美裕の歌謡遊泳

◆連載コラム:伊藤美裕の歌謡遊泳
◆伊藤美裕 オフィシャルサイト