【レポート】氷川きよし、18回目となる恒例のクリスマスコンサートを開催、4公演で2万人を動員

氷川きよし

氷川きよしが、12月13日・14日に東京・東京国際フォーラム ホールAにて、<氷川きよしスペシャルコンサート2018~きよしこの夜 Vol.18~>を開催した。この公演は、2001年より毎年末に開催している恒例のスペシャルクリスマスコンサートで、2日間計4公演で2万人を動員した。

◆氷川きよし 写真(15枚)

氷川は、2018年にデビュー19年目を迎え、1月から11月までは、全国45ヶ所90公演の<氷川きよしコンサートツアー2018>を開催。また、10月に東京・明治座にて1ヶ月座長公演を40公演行い、成功を収めた。同年、アルバムは『新・演歌名曲コレクション7−勝負の花道−』と『新・演歌名曲コレクション8 −冬のペガサス−勝負の花道〜オーケストラ』をリリース。シングルでは「勝負の花道」がロングヒット中で、テレビアニメ主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」も話題を集めている。「日本レコード大賞」では、優秀作品賞に「勝負の花道」が選出(『日本レコード大賞』でデビューから受賞し続けている歌手は氷川のみ)、「NHK紅白歌合戦」にもデビュー以来19回連続での出場が決定と、歌謡界の最前線を走り続ける年となった。

氷川きよし

開演前から“きよしコール”が響く会場。イントロの開始とともに緞帳が上り、ステージ上段に天使姿の氷川が見えると、ひときわ大きな歓声が起こった。新アルバムのタイトル曲でもある「冬のペガサス」を6人のダンサーを従えて歌う氷川は、純白の大きな羽が似合い神聖さが感じられる。続けて「聖夜の奇跡」を歌い終えると羽を外し、「君に逢いたいXmas」、「SILENT NIGHT」、「オモイデノカケラ」、「銀座ロマンス」とクリスマスにぴったりな曲を披露。羽が舞い降る演出に客席のペンライトの輝きも美しく、会場は聖なる雰囲気に包まれた。その後はバンド演奏のコーナーから激しいドラム演奏で空気が一変。ロックなエレキギターサウンドが響くと、「フォーラム行くぜー!」のシャウトで氷川が登場。黒いスーツに濃いアイシャドウという、先ほどはうって変わった姿で、「限界突破×サバイバー」を熱唱。クレーンに乗って上下左右に動きながら歌う姿も貴重である。

氷川きよし

続けて、現在放送中のテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ「見えんけれども おるんだよ」と、オープニングテーマ「ゲゲゲの鬼太郎」を歌唱。「見えんけれども おるんだよ」は、漫画家・水木しげるの次女の水木悦子が作詞を、作曲と編曲は、多くのアニメソングの作曲・編曲家として名高い田中公平が手掛けた名曲(編曲には東大寺憲太も参加)。GSやスカを感じさせるような格好良いアレンジに、ストリングス、管楽器、和楽器の音、氷川の歌い回しもマッチした見事な仕上がりだ。「♪ゲッゲッ ゲゲゲのゲー」でおなじみの「ゲゲゲの鬼太郎」オープニングテーマは、作詞が水木しげる、作曲はいずみたくが手掛け、今までに、熊倉一雄、吉幾三、憂歌団、泉谷しげるなどが歌を担当。氷川盤は第6期となる。不気味でありながらもユーモア溢れる作品の世界感を、氷川が今までの歌唱者たちとは違った魅力を発揮しながら表現。その後の、「ゲゲゲの鬼太郎」のインストゥルメンタルは、尺八、三味線、ジャズピアノ、サックス、ギター、ベースのソロを交えての洒落たアレンジも新鮮で、聴き応え充分な演奏であった。

氷川きよし

ここで、バタフライ柄のスーツに着替えた氷川が登場。「愛の翼」を歌い上げると、「大変にご挨拶が遅くなりまして、申し訳ありません。」とこの日初のMC。「今日はお忙しい中、平日の金曜日の貴重なお時間をいただきまして、お寒い中、お越しいただきまして、お一人お一人のお客様に心から感謝の気持ちでいっぱいでございます。」と挨拶し、深々とお辞儀をした。18回目となるこのコンサートを振り返り、「18年前の第1回目の時は、緊張の度合いが過ぎて高熱が出たのを覚えています。」と明かした。「健康でこの時間を過ごせることがありがたいです。このコンサートを機に、ますます皆さんに健康で幸せであっていただけるように、今日も魂を込めて、この心と体、自分の命を使って、歌声をお届けさせていただきたいと思います。」と語りかけた。

氷川きよし

続いて、氷川のご当地ソングの中から、「石割り桜」、「九州恋慕情」、「面影の都」、「恋の瀬戸内」、「君に逢いたい」を歌唱。その後、司会の西寄ひがしとのトークコーナーでは、今までの活動を振り返っての話や美川憲一からこのコンサートにお花が届いたという話、「日本レコード大賞」、「NHK紅白歌合戦」への意気込みなどを、息の合ったかけあいで聞かせると、「きよしさんから大事な発表がございます。」と西寄。氷川が「来年、20周年の年に、日本武道館でコンサートをさせていただくことになりました。」と発表すると、万歳三唱が起こった。日本武道館での公演は、5周年、10周年、15周年の記念の年に開催している。2019年は7月11日、12日の計3公演の開催予定。「色々な企画をやってみたい。夢がふくらみます。よろしくお願いします。」と氷川。ここで国際フォーラムコンサートのための特別編成によるバンド・チームHKを紹介。日本を代表する、スタジオやレコーディングでも活躍するスペシャルプレイヤー達に温かい拍手が贈られた。

女心を歌った曲の中からは「女の合鍵」、「貴男がすべて…」、「みれん心」を披露。カバー曲のコーナでは、パープルの華やかな貴婦人風衣装で、五輪真弓の「恋人よ」、エディット・ピアフや越路吹雪の歌唱で知られる「愛の賛歌」を、黒いスーツ姿で、美輪明宏の「ヨイトマケの唄」を、涙を誘う圧巻の表現力で歌い切った。凛々しい緑の着流し姿では、氷川の原点である股旅ものの中から、「ちょいときまぐれ渡り鳥」、「大井追っかけ音次郎」、「箱根八里の半次郎」を歌唱。観客達とのコールもぴたりと合い、会場内はいっそう一体感を高めた。

氷川きよし

終盤は黒の紋付き袴姿で、「きよしの人生太鼓」、2017年のヒットナンバー「男の絶唱」、「白雲の城」を堂々たる存在感で歌い上げ、観客達を魅了した。氷川がステージから去っても熱い歓声と拍手がやまず、アンコールでは、黄色と黒のロングスーツ姿で登場。2018年のヒット曲「勝負の花道」に、「きよしのソーラン節」、「きよしのズンドコ節」という怒涛の構成に「きよしのズンドコ節」ではキャノン砲が発射され、会場の盛り上がりは最高潮のうちに幕を閉じた。

氷川きよし

コンサート終了後はマスコミ向け取材にも対応。「日本で一番大きいホールで毎年やらせていただいて、本当にありがたく思います。今回は前半にポップスを持ってきて、後編は演歌という、スイッチを変えることに重点を置いて、前半飛ばしまくってやらせていただきました。楽しいですね! 『冬のペガサス』は自分の思いを歌わせていただいているので、リハーサルの時から涙が出そうでした。この時代だから伝えられるメッセージ性のある作品を歌っていきたいな、という風に思って、一曲目に持ってきました。」と語った。2018年を振り返り、「40過ぎてから一日があっという間。本当に充実しています。生きているというのは当たり前ではないので、一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいなと思います。今年は、『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングとエンディングを歌わせていただいて本当に嬉しく思います。やっぱり新しい挑戦をすることで、新しい自分を発見できますし、一つの型にはまるのではなくて、自分の世界を広げて楽しみながら歌っていきたい」と明かし、『NHK紅白歌合戦』の舞台については「一人二役をやりたいと思っています。色々考えて練りに練ってやりたい」と意気込んだ。

氷川きよし

取材・文:仲村 瞳

<氷川きよしスペシャルコンサート2018~きよしこの夜Vol.18~>

2018年12月14日(金) @東京・国際フォーラム ホールA
[ セットリスト ]
01. 冬のペガサス
02. 聖夜の奇跡
03. 君に逢いたいXmas
04. SILENT NIGHT
05. オモイデノカケラ
06. 銀座ロマンス
07. 限界突破×サバイバー
08. 見えんけれども おるんだよ
09. ゲゲゲの鬼太郎
10. 愛の翼
11. 石割り桜
12. 九州恋慕情
13. 面影の都
14. 恋の瀬戸内
15. 君に逢いたい
16. 女の合鍵
17. 貴男がすべて…
18. みれん心
19. 恋人よ
20. 愛の賛歌
21. ヨイトマケの歌
22. ちょいときまぐれ渡り鳥
23. 大井追っかけ音次郎
24. 箱根八里の半次郎
25. きよしの人生太鼓
26.男の絶唱
27.白雲の城
アンコール
1.勝負の花道
2.きよしのソーラン節
3.きよしのズンドコ節

20周年記念 日本武道館公演

日程:2019年7月11日(木)・12日(金)
会場:日本武道館

氷川きよし『勝負の花道』G・H・Iタイプ

2018年11月27日発売

氷川きよし / 勝負の花道 Gタイプ
■Gタイプ Good Night盤
COCA-17552 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 勝負の花道
 作詩 朝倉 翔 / 作曲 四方章人 / 編曲 石倉重信
2. 君に逢いたいXmas
 作詩 田村信二 / 作曲 田村信二 / 編曲 Funta7
3. 聖夜の奇跡
 作詩 仲智唯 / 作曲 野中”まさ”雄一 / 編曲 野中”まさ”雄一
4. 勝負の花道~オーケストラ
 作詩 朝倉 翔 / 作曲 四方章人 / 編曲:石倉重信
5. 勝負の花道 (オリジナル・カラオケ)
6. 君に逢いたいXmas (オリジナル・カラオケ)
7. 聖夜の奇跡 (オリジナル・カラオケ)
8. 君に逢いたいXmas (半音下げオリジナル・カラオケ)
9. 聖夜の奇跡 (半音下げオリジナル・カラオケ)

氷川きよし / 勝負の花道 Hタイプ
■Hタイプ Holy Night盤
COCA-17553 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 勝負の花道
 作詩 朝倉 翔 作曲 四方章人 / 編曲 石倉重信
2. SILENT NIGHT
 作詩・作曲・編曲 Taku TANAKA
3. 聖夜の奇跡(Jazz Ver.)
 作詩 仲智唯 / 作曲 野中”まさ”雄一 / 編曲 野中”まさ”雄一
4. 勝負の花道~オーケストラ
 作詩 朝倉 翔 / 作曲 四方章人 / 編曲 伊戸のりお
5. 勝負の花道 (オリジナル・カラオケ)
6. SILENT NIGHT (オリジナル・カラオケ)
7. 聖夜の奇跡(Jazz Ver.) (オリジナル・カラオケ)
8. SILENT NIGHT (半音下げオリジナル・カラオケ)
9. 聖夜の奇跡(Jazz Ver.) (半音下げオリジナル・カラオケ)

氷川きよし / 勝負の花道 Iタイプ
■Iタイプ I Wish盤
COCA-17554 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 勝負の花道
 作詩 朝倉 翔 / 作曲 四方章人 / 編曲 石倉重信
2. オモイデノカケラ
 作詩・作曲・編曲 Taku TANAKA
3. 聖夜の奇跡(クリスタル Ver.)
 作詩 仲智唯 / 作曲 野中”まさ”雄一 / 編曲 野中”まさ”雄一
4. 勝負の花道~オーケストラ
 作詩 朝倉 翔 / 作曲 四方章人 / 編曲 伊戸のりお
5. 勝負の花道 (オリジナル・カラオケ)
6. オモイデノカケラ (オリジナル・カラオケ)
7. 聖夜の奇跡(クリスタル Ver.) (オリジナル・カラオケ)
8. オモイデノカケラ (半音下げオリジナル・カラオケ)
9. 聖夜の奇跡(クリスタル Ver.) (半音下げオリジナル・カラオケ)

関連リンク

◆氷川きよし、20周年に日本武道館 2日間3公演を発表
◆氷川きよし、サンシャインシティで「勝負の花道」新タイプ発売イベント開催
◆氷川きよし オフィシャルサイト