作詞家の千家和也が死去、享年73

お悔やみ情報

奥村チヨの「終着駅」、山口百恵の「ひと夏の経験」、キャンディーズの「年下の男の子」、平浩二の「バスストップ」などのヒット曲の作詞家として知られる千家和也が、2019年6月13日に死去した。

早稲田大学教育学部を中退し、なかにし礼に師事し、作詞家を志す。 1972年に、「終着駅」で『第14回日本レコード大賞作詞賞』を受賞。その後、山口百恵をはじめ、キャンディーズ、麻丘めぐみ、安西マリアなど、所謂、70年アイドルの作品を多く手掛ける。

また、三善英史の「雨」、内山田洋とクール・ファイブの「そして、神戸」、殿さまキングスの「なみだの操」など、昭和歌謡史にしっかりと刻まれたムード歌謡や演歌の名曲も数多く提供している。

堀江美都子の「花の子ルンルン」や前川陽子「魔女っ子メグちゃん」など、アニメソングでも足跡を残している。ジャンルを問わず、幅広い層に愛された日本を代表する作詞家のひとりである。

1982年、本名(村越英文)で出版した小説『だから言わないコッチャナイ』で、『第60回オール讀物新人賞』を受賞している。

関連記事
該当無し