望月琉叶、デビュー曲が演歌・歌謡ランキング初登場1位獲得

望月琉叶

演歌歌手としてのデビューした望月琉叶のデビューシングル『失恋慕情』が、オリコンシングル演歌・歌謡ランキング初登場1位を獲得した。

望月は「演歌を世界へ」の合言葉のもと結成されたアイドルグループ「演歌ルピナス組」のメンバーとして、2015年より日本はもとより海外でも多くの公演を行ってきた。2019年にグループが「民族ハッピー組」に改名してからも精力的に活動を継続。そんな中、子供の頃から歌手志望だった母親の影響で演歌に親しみ、自分も演歌歌手への夢を膨らませてきた望月は念願の演歌歌手としてソロデビューを果たした。

望月琉叶

シングル発売前より配信ライブでの予約キャンペーンなど、演歌歌手としての活動をスタートしたが、発売初週のオリコン演歌週間シングル・歌謡ランキングで初登場1位(8月3日付)を獲得した。

望月は今後、8月6日(木)にリミスタで「失恋慕情」発売記念インターネットサイン会を行う。また、グラビア活動にも取り組み、グラドル演歌歌手という新しいジャンルにも挑戦「全ての世代の方に愛される演歌歌手になるべく一生懸命歌います」と意気込みを語る望月への期待が高まる。

望月琉叶

【望月琉叶 コメント】
この度、デビュー曲である「失恋慕情」で週間シングル演歌・歌謡ランキング1位、シングルランキング12位という、素晴らしい結果をファンの皆様よりいただきました。本当に本当にありがとうございます!
デビュー曲でオリコン週間シングル演歌・歌謡ランキング1位という大変贅沢な結果に興奮しています。これからも頑張っていきますので、応援宜しくお願い致します。
この曲は失恋の歌で、過去の自分を責め続けるといった内容の歌詞になっています。「あの時もっとああしていればな、こうしていればな」と、後悔の念に駆られたことが誰しもあるかと思います。そんな取り留めもない失恋の気持ちを綴った切ない歌になっています。とても素敵な曲なので、たくさん聴いて頂けたら嬉しいです。

望月琉叶 デビューシングル『失恋慕情』

望月琉叶 / 失恋慕情
2020年7月22日発売
COCA-17787 / 1,227円+税
配信リンク
[ 収録楽曲 ]
1. 失恋慕情
 作詩 小林元 / 作曲 樋口義高 / 編曲 周防泰臣
2. 小夜時雨
 作詩 小林元 / 作曲・編曲 大野ヒロ
他カラオケ

<イベント・出演情報>

リミスタネットサイン会

AmebaTVにて、望月琉叶 驚きの夢を実現!!番組配信中

関連リンク

◆望月琉叶 オフィシャルサイト

関連記事
該当無し