川中美幸、ジャズクラブに合わせ華やかなドレスで<ときめきナイト>開催

川中美幸

川中美幸が、6月9日に東京・渋谷JZ Bratにて<川中美幸ライブ ~ときめきナイトVOL.1~>を開催した。

◆写真をもっと見る

開演前に行われたメディア向けの取材の様子をお伝えする。川中美幸のコンサートは通常ホールなどで行われることが多いが、今回ライブが行われたのはセルリアンタワー東急ホテル2階にある、「JZ Brat」というジャズクラブだ。入口の高級感漂う佇まいに、どんな川中美幸が見られるのかと期待が高まる。

会場に入ると深紅のビロードカーテンが目に入る。丸テーブルが並ぶ落ち着きある雰囲気の中バンドセットが並んでいる。バンドメンバーが各ポジションに付き、始まりを予感させたところに、黒を基調としたドレスを身にまとった川中が「宜しくお願いします」と、いつもの穏やかな笑顔を湛えながらマイクの前に立ち演奏が始まった。普段と全く違う雰囲気に緊張していたといいながら、そこはさすが川中。「私、どこにたっても絵になるみたい。」と会場を笑わせ、穏やかな雰囲気でライブがスタート。

川中美幸

ジャジーなサウンドが流れ音に身を任せた川中は、心地よさそうに体を揺らす。今回のバンドメンバーは、4月19日に発売されたばかりの新曲「あなたと生きる」のレコーディングと同じメンバーで田代修二(Syn)、原 洋一(Pf)、見砂和照(Dr)、長岡道夫(B)、大久保 明(G)、松川秀幸(G)、吉永 寿(Sax)という豪華な面々が川中の歌声を引き立たせ、生バンドの迫力に心を震わせながら聴く「あなたと生きる」は苦労を耐え抜いた先に見えた幸せを感じさせる暖かくも深みのある空間を生み出していた。

川中美幸

大胆に胸元が開いた黒のドレスは、会場の雰囲気とマッチして川中を映えさせていた。「本当はもっと(胸元を)開けようかと思ったんだけど止められちゃったの」と微笑む川中はチャーミングかつセクシーさを感じさせた。今回の会場には観客として訪れたことがあるという川中は「ジャズシンガーになった感じですね、いいですね~」と嬉しそうに語っていた。

川中美幸

「デビュー41年に入った今、いろんなことがありましたがなんとかここまでもこれました。それも支えてくださっているお客様のおかげ。歌詞を覚えるのが年齢的に厳しくなってきました。(笑)でも今だから歌える、表現できることがあるなと思うことが増えました。現実は受け止めて(笑)元気いっぱいのステージをお届けすることで同世代のみなさんにエールを送りたい。」

川中美幸

今回のライブのきっかけとなったアルバム『美幸のおとこ唄』は、自身が41年所属するレコード会社の男性アーティストの楽曲をジャンルを越えてカバーしたコンセプトアルバム。ディック・ミネ、石原裕次郎、三波春夫をはじめとするレジェンドアーティストとも交流があった川中だからこそ語れる、それぞれのアーティストとの思い出を語りながらのステージ。「ディックさんに初めてお会いしたときに、いいか美幸、頑張ってテイチクの四番バッターになるんだぞ、と声をかけていたいた。」と、ジャジーなアレンジで〝ダイナ〟を歌唱。異ジャンルに挑戦した怒髪天の「ニッポン・ワッショイ」では、満席の会場からのワッショイコールに会場は大いに湧いた。自身ヒット曲から、最新曲、ジャンルをこえたカバー曲まで全14曲。歌にトークにエンターテイナー川中美幸で魅せるステージとなった。

ニューシングル『あなたと生きる』

2017年4月19日(水)発売
CD+DVD:TECA-15761 / 1,389円+税
CD:TECA-13760 / 1,204円+税
カセット:TESA-13760 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
CD
1. あなたと生きる
2. 涙の海を、渡るよに
3. あなたと生きる(オリジナル・カラオケ)
4. あなたと生きる(メロ入りカラオケ)
5. 涙の海を、渡るよに(オリジナル・カラオケ)

DVD
1. あなたと生きる ミュージックビデオ
2. 涙の海を、渡るよに ミュージックビデオ

カバーアルバム『美幸のおとこ唄』

2017年2月22日(水)発売
TECE-3425 / 2,778円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 花も嵐も(山本譲二)
2. 船方さんよ(田端義夫)
3. 大利根月夜(田端義夫)
4. 孫(大泉逸郎)
5. ニッポン・ワッショイ(怒髪天)
6. ほんまもんやから(半田浩二)
7. ダイナ(ディック・ミネ)
8. 男の背中(増位山太志郎)
9. 恋唄(前川 清)
10. 恋しくて(BEGIN)
11. 千の風になって(秋川雅史)
12. 北の旅人 (ギターMIXバージョン)(石原裕次郎)
13. ヘイ・ポーラ(川中美幸 & 前川 清)

◆川中美幸 オフィシャルサイト